中島皮フ科

Herpes zoster帯状疱疹

帯状疱疹

帯状疱疹の特徴

帯状疱疹の特徴

身体の左右どちら一方に、ピリピリと刺すような痛みと、これに続いて赤い斑点と小さな水ぶくれが帯状にあらわれる病気です。 この症状に由来して「帯状疱疹」という病名がつけられました。 帯状疱疹は身体の中に潜んでいたヘルペスウイルスの一種、水痘・帯状疱疹ウイルスによって起こります。 水ぼうそうにかかったことのある人なら、誰でも帯状疱疹になる可能性があります。

水ぼうそうと帯状疱疹の関係

  • 初めて水痘・帯状疱疹ウイルスに感染したときは、水ぼうそうとして発症します。
  • 水ぼうそうが治ったあとも、ウイルスは体内の神経節に潜んでいます(潜伏感染)。
  • 加齢やストレス、過労などが引き金となってウイルスに対する免疫力が低下すると、潜んでいたウイルスが再び活動を始め、神経を伝わって皮膚に到達し、帯状疱疹として発症します。

発症年齢

  • 60歳代を中心に50歳代~70歳代に多くみられる病気ですが、過労やストレスが引き金となり若い人に発症することも珍しくありません。
  • 通常は生涯に一度しか発症せず、免疫が低下している患者さんを除くと再発することはまれです。

主な発症部位

  • 一般に、身体の左右どちらか一方の神経に沿って帯状にあらわれるのが特徴です。
  • 胸から背中にかけて最も多くみられ、全体の半数以上が上半身に発症します。 また、顔面、特に眼の周囲も発症しやすい部位です。

帯状疱疹の症状

皮膚症状の経過

赤い斑点のあらわれる数日~1週間前ほど前から、皮膚の違和感やピリピリ感などの神経痛を伴うことがあります。
↓↓↓↓
その後、強い痛みを伴い、身体の片側の神経に沿って帯状にやや盛り上がった赤い斑点があらわれます。 軽度の発熱やリンパ節の腫れなどがみられることもあります。
↓↓↓↓
続いて赤い斑点上に水ぶくれがあらわれます。
水ぶくれは破れてただれた状態となり、かさぶたはと変わります。
↓↓↓↓
皮膚症状が治ったあとも、後遺症として帯状疱疹後神経痛が残ることがあります。

やっかいな後遺症

通常、皮膚症状が治ると痛みも消えますが、その後もピリピリするような痛みが持続することがあります。
これを“帯状疱疹後神経痛”といいます。
これは急性期の炎症によって神経に強い損傷が生じたことによって起こります。

帯状疱疹の治療

治療は、抗ヘルペスウイルス薬を中心に行われます。
抗ヘルペスウイルス薬はウイルスの増殖を抑えることにより、急性期の皮膚症状や痛みなどもやわらげ、治るまでの期間を短縮します。
さらに合併症や後遺症を抑えることも期待されます。
抗ヘルペスウイルス薬は発症早期に服用を開始するほど、治療効果が期待できます。
帯状疱疹の特徴的な症状を自覚したら、できる限り早く医師にご相談ください。

帯状疱疹の症状

帯状疱疹は過労やストレスが原因となり、免疫力が低下したときに発症します。
十分な睡眠と栄養をとり、精神的・肉体的な安静を心がけることが回復への近道です。

“患部を冷やさないように”
患部が冷えると痛みがひどくなります。患部は冷やさずに、できるだけ温めて血行をよくしましょう。
ただし、使い捨てカイロや温シップ薬は、やけどやかぶれに注意して使用しましょう。

“水ぶくれは破らないように”
水ぶくれが破れると、細菌による感染が起こりやすくなります。
細菌による化膿(かのう)を防ぐためにも、患部は触らないようにしましょう。

“小さな子供との接触は控えましょう”
帯状疱疹が他の人にうつることはありませんが、水ぼうそうにかかったことのない乳幼児には水ぼうそうを発症させる可能性があります。

帯状疱疹は早期に適切な治療を行うことで、症状を軽くし、合併症や後遺症である帯状疱疹後神経痛のリスクを減らすことができます。
帯状疱疹かな、と思ったら早めにご相談ください。

TOP