中島皮フ科

Doctor医師のご紹介

理事長のご挨拶

中島 知賀子(皮膚科)

理事長略歴

平成07年3月 北里大学医学部卒業
平成07年4月 日本医科大学付属病院 皮膚科入局
平成10年1月 中島皮フ科 開業

得意とする疾患など

ニキビ・アトピーなどの一般皮膚疾患
光治療など

所属学会

日本皮膚科学会
日本抗加齢医学会

中島 知賀子(皮膚科)

はじめまして。
理事長の中島知賀子です。
当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

中島皮フ科は1997年、赤羽に開業しました。
皮膚治療専門クリニックとして赤羽の皆さまに愛されながら、今日に至っております。
開業当時は赤ちゃんだった子供が、今ではもう立派な大学生。
皆さんの生活の中に変わらずに寄り添える存在であることに喜びをかみしめながら、日々の診療を行っております。

【中島 知賀子ってどんな人?】
三重県で生まれ、両親と姉の4人家族で育った私は、小学生のときに東京へ引っ越してきました。
何でもこなしてしまう姉に負けないように、なにより厳しかった母に認められるようにと、何でも人一倍忙しくしながら取り組んでいました。
学生時代も、学校にアルバイトにと、ハードスケジュールをこなす毎日。
27歳で開業したときも、結婚・出産後の間もない頃でした。
どうしても忙しくすることを選んでしまうようですね。

皮膚科医師になった経緯は、医学生時代の臨床実習がきっかけでした。
他の科と違い、医師が診ただけで方針がすぱっと決まっていく皮膚科に興味を持ったのです。
苦手だと思っていた手術も、実際はとても興味深く、大学入学時は小児科医師を目指していましたが、方向転換して皮膚科を専攻しました。

2年間の研修を終えてすぐに開業したため、当時は右も左も分からない状態。
非常に忙しくありましたが、母の協力もあり、生まれてきた双子の育児をしながら仕事をこなしていました。

開業以来、本当にさまざまな経験をしてきました。
うまくいかないことも、世間の荒波にのまれることも、一時は仕事を続けることができずに、クリニックを離れたこともありました。
それでもまたこうして診療を再開できたのは、変わらずに迎え入れてくれた患者さまやスタッフたちのおかげです。
皆さんのあたたかさに、私はどれだけ救われたことか。
患者さんやスタッフたちに、心から感謝しながら、あたたかく、笑い声の絶えない診療を続けています。

【今の私から伝えたい思い】
当院の治療で大切にしていることは、皮膚の病気やトラブルとうまく付き合っていけるようにサポートさせていただくこと。
その上で、きれいになることも忘れないでいただきたいから。
赤羽地域で早期より美容皮膚科に取り組んだ診療所として、保険診療も行いながら、ご興味のある方のみに新しい予防治療や美容治療の方法をお伝えしております。

「きれいになると、きっと皆うれしくなる。」
心も身体も美しくなるサポートをさせていただけたらと願っています。

それと、当院自慢のスタッフたちは、本当に優秀な人たちばかり。
ちょっと抜けた所のある私のフォローをしてくれ、優しさと親切心にあふれる人たちばかりなので、医師に聞きづらいことはスタッフたちにご相談くださいね。

患者さまと一緒に悩みながら笑いながら、皆さんが心から笑顔になれるような治療を目指していきます。

中島 知賀子(皮膚科)

医師のご紹介

江口 智明(形成外科)

所属学会ならびに資格など

医学博士
日本形成外科学会認定形成外科専門医
日本頭蓋顎顔面外科学会代議員
日本口蓋裂学会 会員
日本創傷外科学会 会員
日本マイクロサージャリー学会 会員
日本褥瘡学会 会員
日本美容外科学会 会員

経歴

昭和63年 千葉大学卒業 茅ヶ崎徳洲会病院・米国ミシガン大学留学を終了
平成13年 東京大学講師
平成21年 虎の門病院形成外科部長

コメント

治療の結果は大切です。それと同じくらい、痛みを抑えた治療・腫れの少ない手術を重視しています。

江口 智明(形成外科)

佐藤 卓美(皮膚科)

略歴

平成14年5月 昭和大学医学部皮膚科学教室
平成16年10月 昭和大学横浜市北部病院 員外助手
平成19年12月 昭和大学横浜市北部病院 助教

コメント

皆さまの皮膚のお悩みを解決できるよう、精いっぱい頑張ります。よろしくお願いいたします。

TOP