中島皮フ科

Atopic dermatitisアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は「よくなったり、悪くなったりをくり返す、かゆみのある湿疹がある程度の期間でる病気」です。症状とともに湿疹が現れる部分にも特徴があり、年齢によって変化していきます。
患者さんの多くはアトピー素因(体質)をもっています。

〜アトピー素因〜

アトピー素因というのは、以前に気管支せんそくやアレルギー性鼻炎・結膜炎・アトピー性皮膚炎のいずれかにかかったことがあるか、または家族でこれらの病気にかかった人がいること、そして、「IgE 抗体」※をつくりやすい素因をもっていることをいいます。

血液中にあるタンパク質の一種で、体の中に異物(アレルゲン)が浸入したときにできて、再び同じ異物が浸入したときに、それを敵として認知し、過敏に反応します。

湿疹ができやすい部位

乳児期 口周り・ほおを中心に赤いポツポツ・ジュクジュクした湿疹
幼少児期 背中・脇腹・肘、膝の裏側に湿疹、ザラザラ皮膚
思春期・成人期 赤ら顔・⾸の回りが⿊ずむ・全⾝に湿疹ができ赤くなる

アトピー性皮膚炎はバリアーも問題

これまで、アトピー性皮膚炎はアレルギーの病気の代表とされてきました。

その人にとっての抗原(アレルゲン)は何か、例えばダニか、ホコリか、あるいは牛乳かということが重視されてきました。

もちろん、アレルギーも関与していますが、それだけではありません。
アレルギーよりも大きな原因は、バリアー機能の低下した皮膚(アトピックスキン)にあります。

気温や湿度の変化、また、汗などによって症状が軽くなったり重くなったりするのは、この乾燥しやすく刺激に弱い皮膚に、さまざまな刺激要因が加わって炎症が起こると考えられています。

アトピー性皮膚炎の治療法

  • 外用剤(塗り薬)による治療
    アトピー性皮膚炎の炎症を抑えるため、患者さんの症状にあわせて、ステロイド外用剤やコレクチム軟こう等の塗り薬を処方します。ステロイドには飲み薬や注射薬もありますが、それらは緊急的に使用する場合を除き、原則としては使用しません。
  • デュピクセント®による治療
    外用剤を一定期間使用して治療をしても十分な効果が得られない、重度のアトピー性皮膚炎の患者さん(15 歳以上)を対象にした治療です。定期的な皮下注射によって、薬剤を投与します。
    本治療は重度のアトピー性皮膚炎の改善効果が期待できる一方で、薬剤費が高く患者様の負担が大きくなります。国の高額療養費制度を活用して治療費の負担を減らすこともできますので、詳細は医師・スタッフにご相談ください。

アトピー性皮膚炎の治療の目標

アトピー性皮膚炎の治療はあせらず気⻑に症状をコントロールしながら、かゆみ・湿疹を意識しない普通の生活が送れることを治療の目標とします。

ステロイド外用剤は怖くない

ステロイドは別名:副腎皮質ホルモンといい、もともと体内の代謝にかかわる働きをしています。特に体の中で起こっている炎症を軽くする作用があります。皮膚科専門医の指導にしたがって、決められた量を、決められた回数で使用すれば、全⾝的な副作用は起こることはありません。逆に途中で勝手にやめてしまうと回復が遅くなるだけではなく、かえって症状を悪化させてしまいます。

ステロイド外用剤以外の薬は?

かゆみを止める作用をもった飲み薬には、抗ヒスタミン剤があります。
しかし、それさえ飲めば湿疹が治るという効果まではありません。悪化の原因のひとつであるアレルギー反応を抑える薬としてあくまでもステロイド外用剤と併用するべきものです。
その他、中等症までの湿疹を抑える外用剤として免疫調整外用剤があります。

毎日のスキンケアを欠かさずに

アトピー素因をもった人でも湿疹の症状が治まったあとにスキンケアをしっかり続けていれば、皮膚の乾燥が起こらず、バリアー機能を正常に保つことができます。スキンケアとは皮膚に不足している脂分を、皮膚の外側に塗ることによって補うことをいいます。
あせらず気⻑にこの約束を守りましょう。

肌の清潔をこころがける

  • 汗をかいたらまめにシャワー浴びる。
  • お風呂はぬるめのお湯に短時間入る。
  • せっけんは刺激の少ない弱酸性を(冬は使用しなくても可)。薬用せっけんは殺菌を目的としているため刺激が強いので避けましょう。

保湿剤を効果的に使う

自分の肌に合った、刺激のないものを選びましょう。
湿度の低い冬場は白色ワセリンや油性の軟こうがよく、蒸し暑く汗をかきやすい夏場はクリームが適しています。
入浴やシャワー後など清潔にしたところで、日ごろ炎症を起こしやすい部位に塗ります。

直接肌に触れるものは刺激の少ないものを選びましょう

  • 衣類や枕カバーなどの洗濯を頻繁にして、洗濯物はよくすすいでよく乾かす。
  • 衣類などは化繊やウール、麻などの刺激のあるものは避け、木綿の物を。
    (タオルのループのある素材も避けましょう)

居住環境を見直そう!

一番多くの人が陽性になる抗原は、ダニとハウスダストです。
居住環境を変えるだけでもある程度これらを絶つことができます。

  • 畳、じゅうたんよりもフローリングに。
  • 掃除しやすいように家具を減らす(壁面収納がおすすめ)。
  • 掃除機で家の中をこまめに掃除する。掃除機はダニ用のフィルターパック式を。
  • ハタキ・ホウキは使わない。
  • 湿気をなくすために、毎日窓を開けて外の風を入れる。
  • 天気のいい日にはふとんを干して、日光消毒でダニを殺す。
  • 不要なぬいぐるみは捨てる。
  • ペットの室内飼育は避ける。
TOP